料理を作るはmakeかcookか、微妙な使い分けがある

タグ  

DSC_0204

僕は時々料理男子になります。
ふだんはだいたい外食で済ませることが多いのですが、その反動からか時々、料理男子(笑)になってしまいます。

最近はハマっているのはカレー作りです。
小麦粉を使わないカレーを作るのにハマってます。

日本語ではクッキングといいますが、
I make a curry.
という表現を聞きます。
違いはいったい何なんでしょうか?

cook, makeどっちも料理する

実は、
「cook」も「make」も「料理する」という意味です。
でも、使い分けというかニュアンスの違いはあります。

スポンサードリンク

あんまり難しく考えないでもいいのかな?

ざっくり言うと、

「cook」=煮込む、揚げ物、炒めものなど温度が高いものを料理する
「make」=料理一般を作る
という意味です。

ただし、例外はあります。
I make meat.
I make cabbage.
上記の場合は、
「わたしは肉を作ります」
「わたしはキャベツを作ります」
のようになり、英語として不自然です。
このあたりは少しでも英語を勉強していればわかると思いますが…。

同じように、
I like cooking.
「わたしは料理をつくるのが好きです」
はありですが、
I like making.
は、「わたしは作ることが好きです」
になり、おかしな表現です。

熱を通さないので、下記は文章がおかしいです。
I cook sashimi.
I cook salad.
いずれもmakeを挿入するとスッキリします。
I make sashimi.
I make salad.

熱を通すからといって必ずcookになるとは限りません。
カレーを作るのは、
I cook a curry.
I make a curry.
のいずれもアリです。
なんとなく、makeのほうがよく聞くような気がします。
カレーをパーティーに持ってくたびに、
「Did you make it?」
と聞かれます。
「Did you cook it?」
と聞かれた記憶はありません。

このあたりは、日本語で言うと、
「自分で作ったの?」
「自分で料理したの?」
ぐらいの違いがあるのではないかと推測しています。
つまり、その程度の違いなのではないかと…。

make lunchとcook dinner

そしたら、昼食や夕食などのそれぞれの食事はどうなるのでしょう?
これも、食材によって変わります。

× I cook a salad for dinner.
○ I make a salad for dinner.

では、食材名や作るものがつかない場合はどうなるのでしょうか?

I usually make lunch.
I usually cook lunch.
I usually make dinner.
I usually cook dinner.

これは僕の感覚ですが、正解はないと思います。
僕がよく聞くのは、

I make lunch.
I cook dinner.

です。
昼食はmakeで夕食はcookです。
夜は本格的だからでしょうか?

あと、
「自炊するの?」
は、
Do you usually cook?
と聞かれます。
Do you usually make?
とは聞かれません。
目的語がないから、makeだと、
「ふだん作るの?」
となるのである意味当然かもしれません。

というのが、cookとmakeの違いでした。